toggle
BLOG
2016-03-25 | BLOG

スタイリスト ミツコのプロフィール

《 笑顔に勝る化粧なし 》がモットー。
埼玉県川口市で生まれ育ち、小さな頃から自分の世界に浸ることが好きでした。
好きな事は読書自然の中で遊ぶ事
小さい頃、毎晩母に寄り添い絵本を読んでもらうのが日課でした。好きな絵本はぐりとぐら。
大きなカステラに憧れ寝る前にヨダレを垂らす始末。🍳
成長してからは、ダヴィンチコードや楽園のカンヴァスなどの美術品を扱ったミステリー小説や、恋歌や壬生義士伝などの日本の歴史小説が好きです。箱根駅伝にハマったのも ”風が強く吹いている” を読んでから・・・ 👟 👟
オススメがあればぜひ教えてください!
IMG_0011小学生になると毎年夏にあちこちキャンプに行きました。
BBQをし、テントで寝て、大量のせみの抜け殻を取り母を困らせたり、満天の星空に見とれたり。。。
自然の中で遊ぶ事が何よりの贅沢だと思えるのは、このころからの影響です。
旅が好きで旅先ではのんびりするより動き回ってしまいます。
屋久島の縄文杉トレッキングではつまずくこと数十回、最後はへとへと白目で登頂。
西表島でカヤックをして滝つぼにジャンプしてみたり、宮古島でダイビングをしたり、意外とアクティブです。
いつかはのんびり浜辺で読書なんてしたいですが、海に行ったら泳ぎたくなってしまう性分です。
穏やかなラニカイビーチで空気を読まず泳ぎまわったのはナイショですよ。
小学4年生の事、「SLAM DUNK」にハマりミッチーになりたいと思い入ったのは近所のミニバスケチーム。
毎週末の練習は走りまくり、動きまくりでなかなかハードでしたが楽しかったです。
持ち前の不器用さが目立ち、パスを受けるときに頭に当たることもしょっちゅう。
あきらめたらそこで試合終了とわかっているものの、ミッチーにはなれないと気付いたあの頃・・・。
楽しみはお昼のおにぎりと飴交換。🍭
そんなミニバス生活でしたが、校内駅伝で2位になったり、リレーの選手になったりと、多少の負けん気と活発さを手に入れました。
中学では華麗に宙を舞う先輩に憧れ、体操部へ 。ここで鍛えられた柔軟とノリで高校はバトン部へ。高校生になり髪を染め、化粧をし、休みの日は原宿へ繰り出す日々。美容室でカラーやカットしてもらって自分のコンプレックスであったくせ毛でも可愛くなった!と感動して美容師を目指します。
専門学校時代。
入学したのは第一希望の日本美容専門学校。通称NICHIBI。064-21
志が同じ友人たちは最高の仲間です。
授業でうまくできない事があれば夜まで自主練習をし、誰かの家に泊まってまた学校なんて日も。
ワインディング合宿という、昼は富士の山林をトレッキングし、夜は数時間ひたすらロッドを巻き続けるなんて地獄の合宿もなんとかクリアし、かけがえのない時間を過ごせました。
可愛くてかっこよい同級生たちは毎日の刺激になりました。
専門学校卒業後、下北沢で5年働き、お客様として通ってくださっていた恩師に他店の新店舗立ち上げを誘われ、飛び込ませて頂きました。がむしゃらに働き、時間がないなかたくさん遊んで、営業目標の売り上げも達成でき、スタッフとの関わり方もたくさん学ばせて頂き、すべてが財産と思えるような経験をさせていただきました。
お客様の日常に綺麗な髪や癒しや笑顔を与えられる美容師という仕事が大好きです!
〝お客様に偽りをせず 何を求められているのかを探求し、毎日心地よく過ごせるような髪型を作る。お客様、スタッフに対し心に栄養を与えられるような愛ある行動をする。〟
そこを信念に美容師として働いてきました。
12年美容師として働いてきたなかで徐々に募ってきた思いがあります。
家族が集まる場所、人が集まる場所、大事なものの基本となる部分を大事に育てたい。IMG_2969
声を掛け合い、ワクワクするような好奇心あふれる情報を交わし、いろんな人を巻き込み盛り上がっていきたい。
美容室NORMCOREを皮切りに、しあわせの連鎖を運ぶ。
それが今の私の夢であり楽しみです。どうぞよろしくお願いします。
2016-03-18 | BLOG

はじめまして、代表シゲのプロフィールです

ホリイシゲキのプロフィール

 

はじめまして

美容室 NORMCORE(ノームコア)代表 堀井茂樹です。

2005年〜2016年 都内有名サロン勤務。

2016年4月 Hair & Lifestyle Design NORMCORE 設立。

《大人の社交場》をテーマに、ヒトコトマチをつなげる情報発信拠点を作りたいという思いから独立を決意。今年で美容師歴12年目に突入ました。

 

《移動式美容室で世界を周りながら家族と幸せに生きる》のが夢。

東京都新宿産まれ埼玉県上福岡市育ち。

絵を描くことが大好きで、小さな頃から暇さえあれば絵を描いていました。親の仕事が忙しかったので完全に祖父母っ子。

子供の頃のおやつは小魚や煎餅が中心、娯楽といえば時代劇や相撲、百人一首。

なかなか渋い幼少期です。

「柔能く剛を制す」

小学校の低学年からはじめた柔道。「強い子になってほしい」と願う親心から入門した柔道場に飾ってあった言葉です。

怖いし痛いしで、本当に練習が嫌で嫌で仕方がなかったですが、今思えば心身ともに鍛えられたと感謝しています。

時を同じくしてサッカーもはじめ、スポーツ三昧の小学校生活。Jリーグ開幕でカズとラモス選手に憧れて地元の名門クラブチームに入るものの…

レギュラー争いが激化し、みんなと同じ右利きではレギュラーになれないと確信したので、左足を鍛えて左利きに転向しました。(おかげでレギュラー獲得できました。)

小中高での得意科目はもっぱら美術。何かを創り出すということが好きでした。今はマスキングテープアートにはまっていて、家の壁をキャンバスに楽しんでいます。

海外研修生としてニュージーランドへファームステイに行き、羊を追いかけたりもしていました。

この時の異文化コミュニケーションが、いま様々なかたちで活かされていると痛感します。

趣味や特技ですが、

ダーツよりビリヤード派。

FFよりドラクエ派です。やっぱりⅤが好きですが、クロノトリガーと出会った時の衝撃にはかないません。

ちなみに、うどんよりそば派でしたが最近ゆらいでいます。

ピアノも習っていましたが、才能の無さは顕著で、長くは続きませんでした。が、クラシックを聴く事は好きなので、今でも事務作業中はよく聴いています。

ベタですが、『チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲ニ長調OP.35の第1楽章』は良く聴きます、エルガーの『愛の挨拶』なんて朝聴きながら目覚めたら誰にでも優しくなれる気がします。

読書は伊坂幸太郎さんや原田マハさん、三浦しをんさん をよく読みます。

映画は周防正行監督や北野武監督、浅田次郎さん原作の作品も好きです。

休日にする料理も好きで、最近は器に目覚めました。

波佐見焼とarita japanが今のお気に入りです。奈良に窯をかまえる高島大樹さんも気になっています。おすすめがある方は是非教えてください。

そして、語り始めたら止まらなくなるのが、ネイチャーアクアリウムです。

中学時代にADA(アクアデザインアマノ)に魅せられてから虜で、鑑賞するのも造るのも大好きです。

自他共に認めるマニアです。

その水槽で飼育するのはアピストグラマ。

南米に生息するアメリカン・シクリッドの一群です。色彩の豊かさが物凄く、今はクリエイティブワークの際にインスピレーションをもらっています。興味のある方、是非お話ししましょう。

Boowyに影響を受け、中学生でバンド活動を始め、高校生活はバンド漬けでした。

コピーバンドから始め、GLAYやL’Arc-en-Cielを通り、ハイスタ、ジュディーアンドマリーや、ブランキージェットシティーへ移っていきました。

オリジナルも作りましたが…へなちょこでした。

しかし、公民館やライブハウスで行っていたライブはいい思い出です。

高校卒業後は色々な経験を積みたかったので、1年間と期限を決めてバーテンダーやトラック運転手、車の板金屋、寿司屋、工場etc…様々な職業を体験する事ができました。

さて、本題の美容師になったキッカケですが、1年間の経験積み期間中に偶然再会した、高校の友人に勧められたからです。

厳密に言うと「すっごく面白い学校があるよ!」と美容学校をすすめてもらいました。
その学校というのは、美容学校の中でも人気の高い日本美容専門学校、通称ニチビです。
当時はテレビでビューティフルライフも放送され、まさにカリスマ美容師ブーム真っ只中。

超難関校と言われ倍率も相当高かったと思いますが、奇跡の合格。
学校生活はというと、語るまでもなく、最高の仲間に出会え、最高に充実した2年間を過ごしました。
そして、在学中に偶然観に行ったヘアショーで前職場サロンがズバ抜けて格好良かった事、インターナショナルな環境で仕事ができる事に惹かれ、その会社を志望しました。
やはりこの時もかなりの倍率でしたが、奇跡の合格をいただきました。

後に聞いた話だと、変な奴だから採用したとの事…複雑です。

そんな折に突如一本の連絡が入り、何かが音を立てて崩れていく気がしました。
それは、友人がくも膜下出血で倒れたというものでした。

そうです、美容師になるキッカケのニチビを紹介してくれた友人です。
一命は取りとめたものの、後遺症が残り美容師は続けられないと聞いた時は言葉になりませんでした。
それと同時に、自分はこれでいいのか?このまま自分だけ美容師になるべきなのか?一層の事辞めてしまおうか?

後ろめたさと、それまで中途半端な気持ちで美容師をしようとしていた自分がとても嫌になりました。
心の底でモヤモヤした気持ちがあるまま月日が流れたある日、その友人と話せる機会がやってきました。

そこで彼女が言った言葉は一生忘れません。

 

「私はどんなにやりたくてもできないんだから、それができるあなたは私の分まで人を幸せにしてね。」

元気だった彼女からは想像もできないおぼつかない声でしたが、一生懸命に話してくれました。

僕は泣いてしまい、まともに返事ができませんでした。

この時を境に僕の美容人生は加速していきます。

沢山のお客様に育ててもらい、シャンプーやマッサージ、ブローなどの指名も頂けたアシスタント時代を経て、2009年4月16日 ホリイ シゲキのスタイリスト人生が幕を開けました。

恵比寿店の立ち上げから参加しましたが、オープン当初は波瀾万丈で殆ど覚えていません。

がむしゃらに創業メンバー3人で突っ走ってきたという感じです。

3人で始まった恵比寿店も今では7人まで増え、今まで以上のパフォーマンスをお客様にご提供できるまでに成長しました。

入社したての頃は右も左もわからず、何もできなかった下の子たちが、今ではスタイリストとして堂々とカットしている姿を見ると感慨深く感じます。

そんなたくましい姿を見届け、11年間お世話になったサロンを後にし、新たな航海へ旅立ちの決心をいたしました。

 

今ここです。

 

今は《ヘアスタイルを軸に越谷レイクタウンに大人の社交場をつくり、様々なライフスタイルを発信して街全体を盛り上げていく》事が目標です。

 

最後になりましたが、数ある美容室、美容師の中から私のページへ来ていただきとても感激です。

私が皆様のために出来ることは下記の3つです。

1・ヘアスタイルを通して笑顔(元気)になってもらう。


2・情報の経由地点として人と人とをつなぐ。


3・ヘアを軸としたライフスタイルを提案する。

 

「ヘアスタイルを通して人生を楽しんでもらう」事が私の使命だと思っています。

 

そんな美容師ホリイ シゲキを、そしてNORMCOREをこれから宜しくお願い申し上げます。

長文お読みいただき、ありがとうございます!

興味を持ってくださった方はお気軽にご連絡ください!

 

 

NORMCORE 代表 ホリイ シゲキ

1 23 24 25 26 27